第29回ラジオNIKKEI杯2歳ステークス予想


第29回ラジオNIKKEI杯2歳ステークスが12月22日阪神競馬メインレースとして行なわれる。
芝2000メートルを舞台とする2歳GIII。
本命はラウンドワールド。
デビュー2戦目の阪神芝1600メートルの2歳未勝利戦で初勝利。
続く札幌芝1800メートルの2歳オープン特別コスモス賞も勝って2連勝。
そして前走、札幌芝1800メートルの2歳GIII札幌2歳ステークスでは0秒3差2着。
後のGI馬ロゴタイプにも先着。
相手はバッドボーイ。
前走、東京芝1800メートルの2歳GIII東京スポーツ杯2歳ステークスではスタートで出遅れ、後方追走から直線のみで追い込んで0秒6差5着。
良い脚を長く使うタイプで距離延長は歓迎。
他では抜群の瞬発力で新馬、500万とデビュー2連勝のキズナ、超良血で新馬、オープンと2連勝中のエピファネイア。


◎ラウンドワールド
○バッドボーイ
▲キズナ
△エピファネイア

第64回朝日杯フューチュリティステークス予想


第64回朝日杯フューチュリティステークスが12月16日中山競馬メインレースとして行なわれる。
芝1600メートルの2歳GI。
秋のGIシリーズ第10戦目。
本命はロゴタイプ。
函館芝1200メートルの2歳新馬戦快勝後はオープンで勝ち切れないレースを続けていた。
しかし、短期放牧明けとなった前走、東京芝1600メートルの2歳500万特別では馬体重プラス20キロと大きく成長。
スローペースの中を古馬1000万級の好時計で快勝。
叩き2戦目の今回は更に良化。
相手はフラムドクロワール。
6月9日東京芝1400メートルの2歳新馬戦でデビュー戦を快勝。
約3ヶ月の休養を経て前々走、中山芝1600メートルの2歳オープン芙蓉ステークスでは0秒2差2着。
叩き2戦目の前走、東京芝1800メートルのオープン特別いちょうステークス勝利。
今回は叩き3戦目。
重賞初挑戦も格負けなし。
他では重賞2勝含めてデビュー3連勝中のコディーノ、やはりデビュー3戦3勝のエーシントップ。


◎ロゴタイプ
○フラムドクロワール
▲コディーノ
△エーシントップ

第50回愛知杯予想


第50回愛知杯が12月15日中京競馬メインレースとして行なわれる。
芝2000メートルを舞台とする牝馬限定GIII。
ハンデ戦。
本命はオールザットジャズ。
昨年のエリザベス女王杯15着以降、急激に本格化。
今春は条件戦連勝から福島芝1800メートルのGIII福島牝馬ステークスで重賞初制覇。
前走は京都芝2200メートルGIエリザベス女王杯0秒5差5着。
相手関係が楽となり巻き返しへ。
相手はピクシープリンセス。
前々走、京都芝2400メートルの1000万特別を圧勝。
昇級戦の前走は格上挑戦でGIエリザベス女王杯に挑戦してタイム差なしの3着と大健闘。
今回は叩き3戦目、ハンデ2キロ減と条件好転。
前進必至。
他ではやはり1000万勝ちから挑戦したエリザベス女王杯4着のマイネオーチャード、前走、エリザベス女王杯を道悪で力を出し切れなかったアカンサスは得意左回りで一変期待。


◎オールザットジャズ
○ピクシープリンセス
▲マイネオーチャード
△アカンサス

第63回朝日チャレンジカップ予想


第63回朝日チャレンジカップが12月8日阪神競馬メインレースとして行なわれる。
芝1800メートルを舞台とするGIII。
本命はリルダヴァル。
休養明け3戦目となった前走、京都芝1800メートルのオープン特別カシオペアステークスを勝利。
ここにきて本格化の兆しを見せる素質馬。
重賞初制覇チャンス到来。
相手はヒストリカル。
前走、カシオペアステークスで古馬初挑戦。
後方一気の末脚で0秒3差4着。
阪神芝1800メートルは春にGIII毎日杯を制した舞台。
休養明け叩き3戦目の今回は勝機十分。
他では休養明け叩き3戦目のフレールジャックは折り合い次第で楽勝も、実績上位のトライアンフマーチ。


◎リルダヴァル
○ヒストリカル
▲フレールジャック
△トライアンフマーチ

第13回ジャパンカップダート予想


第13回ジャパンカップダートが12月2日阪神競馬メインレースとして行なわれる。
ダート1800メートルを舞台とするGI。
秋のGIシリーズ後半戦第8戦目。
本命はイジゲン。
前走、東京ダート1600メートルのGIII武蔵野ステークスに出走。
スタートで大きく出遅れながらあっという間に好位に取り付き直線大外から伸びて差し切り勝ち。
まさに異次元の強さを発揮した。
距離延長も問題なく、新ダート王へ資格十分。
相手はトランセンド。
前走、川崎競馬ダート2100メートル交流GI・JBCクラシック出走。
ドバイ遠征以来焼く8ヶ月ぶりのレースだったが1秒6差3着。
今回は叩き2戦目。
ジャパンカップダートは過去2年連続制覇中で3連覇がかかる。
阪神ダートコースは3戦3勝。
他では重賞2連勝含めて現在6連勝中のローマンレジェンド、昨年の2着馬で前走、JBCクラシック圧勝のワンダーアキュート。


◎イジゲン
○トランセンド
▲ローマンレジェンド
△ワンダーアキュート