第64回朝日杯フューチュリティステークス予想


第64回朝日杯フューチュリティステークスが12月16日中山競馬メインレースとして行なわれる。
芝1600メートルの2歳GI。
秋のGIシリーズ第10戦目。
本命はロゴタイプ。
函館芝1200メートルの2歳新馬戦快勝後はオープンで勝ち切れないレースを続けていた。
しかし、短期放牧明けとなった前走、東京芝1600メートルの2歳500万特別では馬体重プラス20キロと大きく成長。
スローペースの中を古馬1000万級の好時計で快勝。
叩き2戦目の今回は更に良化。
相手はフラムドクロワール。
6月9日東京芝1400メートルの2歳新馬戦でデビュー戦を快勝。
約3ヶ月の休養を経て前々走、中山芝1600メートルの2歳オープン芙蓉ステークスでは0秒2差2着。
叩き2戦目の前走、東京芝1800メートルのオープン特別いちょうステークス勝利。
今回は叩き3戦目。
重賞初挑戦も格負けなし。
他では重賞2勝含めてデビュー3連勝中のコディーノ、やはりデビュー3戦3勝のエーシントップ。


◎ロゴタイプ
○フラムドクロワール
▲コディーノ
△エーシントップ